結婚のお祝に贈りプレゼント

結婚お祝いのプレゼントやギフトは、これから夫婦になり生活していく、2人の門出にふさわしい記念になるような物や生活に役立つ実用的なものが人気のランキング上位に来ています。又贈った相手にも喜ばれるそうです。実際に、個人的に結婚祝いと言うと現金や商品券を贈る事が多いのですが、そう言ったものとは別に何かを贈ろうかと思ったとき、とっさにおもうのは「何がいいのだろう?!」と言う事でした。一番良いのは結婚されるお二人に「何がいい?」と聞く事なのでしょうが、聞けない場合もあって本当に困った経験があります。そう言ったときに簡単に選べて、どんなものが喜ばれるか見つけるための情報がすぐあればと思いこのページを作成してみました。一般的なプレゼントから、こういう機会にしかできない品などいろいろな角度から紹介してみたいと思います。もちろんタブーやマナーなどお祝いには欠かせない情報も簡単に解説しているのでお役立てください。

結婚プレゼントとギフト
結婚の人気のプレゼントとギフト

お祝いの品は、結婚生活などで使用できるものを贈るのが良いのですが、重なってしまったり、好みが違ったりする場合があるので、欲しい物を聞いて贈るのが一番です。

観葉植物 / フォトスタンド / 夫婦の似顔絵
電化製品 / キッチン用品 / バス用品 / グルメ券
スイーツ / ワイン、シャンパン / カトラリーセット

結婚祝いプレゼントをRakutenで

  • バカラグラス - 結婚のお祝い人気No1のグラス
  • ウェッジウッド - ティーカップのセットの定番
  • ロイヤルコペンハーゲン - お祝いピッタリな気品ある洋食器
  • ボダム - ティーもコーヒーも扱う人気ブランド
  • グッチーニ - イタリアのキッチンブランド、個人的にオススメ
  • エルメス - お祝いでいただくと嬉しい、喜ばれるブランド
  • たち吉 - 和を好む方へのお祝いにピッタリです。
特別なお祝『結婚』のプレゼントの予算はどのくらい?!相場を紹介

披露宴に招待された場合

  • 親族場合 - 50,000円から100、000円(家族100,000円、親戚70,000円が一般的)
  • 恩師・上司の場合 - 30,000円から50,000円 (50,000円が一般的です)
  • 友達・同僚の場合 - 20,000円から50,000円 (30,000円が一般的です。)

披露宴に招待されていない、又は披露宴を開催しない場合

  • 親族場合 - 披露宴の有無関係なく相場は同等 (ただしお料理代がない分50,000円が一般的です。)
  • 恩師・上司の場合 - 10,000円から30,000円(一般的には10,000円)
  • 友達・同僚の場合 - 5,000円から30,000円(一般的には10,000円)
結婚祝のマナー ご祝儀の金額

結婚のご祝儀の金額は、9は「苦」に通じるとされ、1桁の偶数は割りきれるので、縁起が悪いとされています。しかし、なぜか2万円だけは大丈夫だと言われています。2万円というのがご祝儀金額として比較的使われやすい金額で、2と言う数字には、「夫婦」を表すとか、「二重の喜び」に通じるなどと様々な理屈がついています。ただし、やはり偶数は、縁起が悪いと考える方も見えますので、2万円の場合は1万円札1枚と5千円札2枚にして、割りきれない枚数を包む事をお勧めします。

結婚祝のマナー のし紙の書き方と贈る日

水引は、結び切り(あわび結びなど)を使用し、表書きやのしには、「御祝」「銀婚式御祝」「金婚式御祝」と書きます。お返しは、「寿」「金婚内祝」「内祝」と書きます。
結婚のお祝いをプレゼント時期は、遅くとも挙式の1週間位まえまでに贈りましょう。