お中元のお祝に贈りプレゼント人気ランキング上位を紹介

お中元を贈ったことがありますか?又、何を贈りますか?案外と悩むものなんですよね。贈る側の好みによって、同じようなものを贈ってしまう事が多いのですが、実際ど本当に喜んでいただけているのか心配になったりしちゃうものです。でも、プレゼントや贈り物は、感謝や気持ちが相手に伝わり、喜んでもらってこそ贈る価値があるもので、あまり考えずにまずはお中元を贈るという事を考えてみてください。お中元は、相手の好みや家族構成、年齢、季節などを考慮し、予算に見合ったお中元の品を簡単に探し、どんなものが人気があるか分かりやすいように紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。ランキング上位に来る商品を掲載しているので、お役に立てていただけると思います。又、お中元をお届けする時期やのしの書き方などの最低限のマナーも掲載しますので、参考にしてください。

お中元プレゼントとギフト
喜ばれるお中元の人気のギフトランキング
人気のお中元ギフト

夏の贈り物、お中元は、何にしますか?!人気のお中元を紹介します。

ビール / ジュース、飲料類 / お菓子ギフト / ゼリー詰め合わせ
麺類(そうめん、ひやむぎ) / 食用油 / コーヒー / 紅茶 / 日本茶
フルーツ / 海苔ギフト / 漬物 / 佃煮 / 洗剤 / カタログギフト

おすすめのお中元ギフトRakuten

お中元のお礼状、例文(文例)

お中元が届いたら、きちんとお礼状を出すのがマナーで礼儀です。相手の方に、無事お中元が届いた事をお知らせする意味でも、大切なことなので出来るだけ速やかに2〜3日まで電話又は手紙でお礼をお伝えしましょう。

  • 文頭は季節の挨拶から、書き出しは行を変え一文字下げる。
    「盛夏の候」、「猛暑の候」、「連日厳しい暑さがつづいております」など
  • 相手の近況を気遣う。
    「皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます」
  • 品物を頂いたお礼を伝える。
    「いつもご丁寧にお心遣いを戴き」や「この度はお心遣いの品をお贈り戴きまして」など
  • 日頃お世話になっているお礼を伝える。
    「日頃は大変お世話になっております」や「平素は何かとお気遣いを戴き」
  • こちらの近況を報告する。(親しくない場合は近況には触れない方がよい)
  • 相手の家族に対する心遣いを入れる。
    「どうか皆々様(奥様)にもよろしくお伝えください」、「暑さ厳しい折からくれぐれもご自愛ください」
  • 結びの挨拶。
    「先ずはお礼まで、先ずはお礼方々ご挨拶まで」

又、お中元を贈った相手には必ずお歳暮も贈るようにしましょう!